後遺障害認定の期間

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害の認定を受けるためには症状固定が必須です。症状固定とは、適切な治療を適切な頻度で行った場合に、このまま適切な治療を続けてもこれ以上良くならないという状況になり、症状が固定された状態の事を指します。リハビリをしても足にしびれが残ってしまったり、視力が戻らなかったりなどがこの症状固定の状態になります。後遺障害の認定を受けるためには、治療をしても治らない状態にならなければいけませんので、このような状態にならなければ申請する事ができません。

症状固定症状固定は、事故の大きさであったり、怪我の具合によっていつぐらいに症状固定になるのかが異なってきますが、一般的な期間は、事故が起きてから半年程度になっております。相手の保険会社にしてみればダラダラと治療されても治療費の負担が大きくなってしまいますので早く治療を打ち切ろうとあの手この手を使って交渉してくるのですが、痛みが残っているような場合には、担当している医師と相談して治療を続けるべきだと言えます。また、後遺障害の認定は、症状固定の状態で適切な書類を提出してから審査されるのですが、一ヵ月から三ケ月程度かかるとされております。事故の状況や申請時の混雑具合によってもかなり変わりますので焦らないことは重要になります。