後遺障害等級認定

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害があることを相手に認めてもらいためには、後遺障害等級認定を受けなければいけません。基本的には加害者が入っていた保険会社の担当者の方との話し合いになりますので、相手の担当者とのやりとりが必須になります。後遺障害等級認定を獲得するためには事前認定と被害者請求の二種類の方法があります。

保険会社事前認定とは、相手の保険会社が全ての手続きを行ってもらい申請する方法です。自分は何もせずに行ってくれますので非常に便利で簡単なのですが、交渉相手の保険会社からしてみれば、後遺障害認定されない方が慰謝料を安くする事ができますし、後遺障害等級も低ければ低い程支払う慰謝料や遺失利益などは安くなりますので申請時に後遺障害認定がなるべく出ないように、出たとしても低い等級になるように手続きを行う可能性もありますので注意が必要になります。

被害者請求の場合には、手間はかかりますが、納得いく資料を集めて申請する事ができますので交渉相手の手が及びませんのである意味クリアです。しかし、適切なポイントを抑えた申請が必須になりますので後遺障害等級認定の経験豊富な弁護士や医療コーディネーターなどに相談しながら申請するということが重要になってきます。

『関連アディーレHP』弁護士相談の慣れ