後遺障害認定の期間

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害の認定を受けるためには症状固定が必須です。症状固定とは、適切な治療を適切な頻度で行った場合に、このまま適切な治療を続けてもこれ以上良くならないという状況になり、症状が固定された状態の事を指します。リハビリをしても足にしびれが残ってしまったり、視力が戻らなかったりなどがこの症状固定の状態になります。後遺障害の認定を受けるためには、治療をしても治らない状態にならなければいけませんので、このような状態にならなければ申請する事ができません。

症状固定症状固定は、事故の大きさであったり、怪我の具合によっていつぐらいに症状固定になるのかが異なってきますが、一般的な期間は、事故が起きてから半年程度になっております。相手の保険会社にしてみればダラダラと治療されても治療費の負担が大きくなってしまいますので早く治療を打ち切ろうとあの手この手を使って交渉してくるのですが、痛みが残っているような場合には、担当している医師と相談して治療を続けるべきだと言えます。また、後遺障害の認定は、症状固定の状態で適切な書類を提出してから審査されるのですが、一ヵ月から三ケ月程度かかるとされております。事故の状況や申請時の混雑具合によってもかなり変わりますので焦らないことは重要になります。

後遺障害等級認定

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害があることを相手に認めてもらいためには、後遺障害等級認定を受けなければいけません。基本的には加害者が入っていた保険会社の担当者の方との話し合いになりますので、相手の担当者とのやりとりが必須になります。後遺障害等級認定を獲得するためには事前認定と被害者請求の二種類の方法があります。

保険会社事前認定とは、相手の保険会社が全ての手続きを行ってもらい申請する方法です。自分は何もせずに行ってくれますので非常に便利で簡単なのですが、交渉相手の保険会社からしてみれば、後遺障害認定されない方が慰謝料を安くする事ができますし、後遺障害等級も低ければ低い程支払う慰謝料や遺失利益などは安くなりますので申請時に後遺障害認定がなるべく出ないように、出たとしても低い等級になるように手続きを行う可能性もありますので注意が必要になります。

被害者請求の場合には、手間はかかりますが、納得いく資料を集めて申請する事ができますので交渉相手の手が及びませんのである意味クリアです。しかし、適切なポイントを抑えた申請が必須になりますので後遺障害等級認定の経験豊富な弁護士や医療コーディネーターなどに相談しながら申請するということが重要になってきます。

『関連アディーレHP』弁護士相談の慣れ

後遺障害部分のお金

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の後遺障害で最初に覚えておいて欲しいのが、後遺障害で得る事ができるお金です。この部分をしっかりと理解できていないと、面倒な後遺障害の示談交渉に臨む事ができなくなってしまいます。後遺障害で得る事ができるのは、逸失利益と後遺障害慰謝料です。遺失利益とは、交通事故が起こらなければ得る事ができていた利益です。例えば、事故によってフルタイムで働けなくなってしまった場合に、以前と比較したお給料の差などです。後遺障害によって労働力が低下した部分の補填という意味合いになります。

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料は、後遺障害が残った事に対する慰謝料です。これは、後遺障害等級が認定されると認定された等級に応じた慰謝料を請求する事ができます。後遺障害慰謝料には、自賠責規準と任意規準、裁判基準がありそれぞれどの状態で示談するのかによって金額が変わってきます。例えば、第9級の等級だった場合には、自賠責規準では245万円だったのに対して任意規準では300万円、裁判基準では690万円と大きく金額が異なります。素人の方の場合には、中々裁判に行くのは大変ですが、基本的には後遺障害が認定された場合には、弁護士を入れても十分に元が取れますので、依頼するのが一般的です。

交通事故の後遺障害

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の後遺障害は非常にやっかいな問題です。一般的な骨折などは、とても強い痛みがでるのですが、適切に治療を行えば事故にあう前と同じ状態に治る事ができます。しかし、交通事故の内容によっては、背骨が折れてしまって痛みが無くなっても車イス生活になってしまったり、片脚を切断してしまって義足になってしまったり、顏に大きな傷が残ってしまったり、視力が無くなってしまうなど交通事故の前の状態に戻る事ができないような事も考えられます。そのような状態を後遺障害と言います。

交通事故交通事故にあった場合には、加害者から事故の原因の割合によってお金が支払われます。右折と直進の車がぶつかった場合と、停車中の車に後ろから追突された場合とでは、責任の割合が異なりますので、同じ怪我だった場合には、被害者の方が受け取る事ができる金額が大きく異なってきます。その為、示談交渉の時には過失割合をしっかりと話し合う事になるのですが、それ以上に重要になってくるのが後遺障害の有無です。腕が無くなったり、車イス生活になってしまう以外にも色々な後遺障害がありますのでしっかりと申請し、慰謝料をゲットしなければ適切な示談になる事ができません。

そこでこちらのページでは、交通事故被害で残る後遺障害の種類についてなどの情報をご紹介します。後遺障害は一般的な方にとってはあまり馴染みがないものですので中々難しいとは思いますが、簡単にポイントだけおさえてご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。